2020年7月13日
  • 杉並区永福町にあるコワーキングスペース「コワーキングスペース永福」です。

集中のプロ

東京は桜がだいぶ咲き進んでいます。

今日は気温も上がり、お出かけお花見日和!
みんな外へ行ってしまうのかな〜とちょっぴり心配にもなりましたが、
コワーキングスペース永福では
今日も皆さん、黙々と粛々と、お仕事を進めていらっしゃいます!

毎回その様子を、私は少し離れた受付から拝見していますが、
いやー、皆さん本当に素晴らしい集中力だなぁと感心してしまいます。

ほとんどの方がお一人でいらしているので、
話し相手などはおらず気が散る要因も少ないのかなぁとは思いますが、
それを差し引いても、
集中力を持続なさっている時間がとても長いように感じます。

私自身も、自宅でPC作業などの仕事もしているので
他の人の集中度合いや、その持続時間が長い短いというのは
感覚としてわかります。

ここにいらしている皆さん、「集中のプロ」だと思います!

*  *  *

人間は本来、集中力を持続させることは得意ではないそうです。
自然と集中するようには、
もともとできていないんだそうですね。

大昔、狩猟を中心に生活していた頃は
常に外敵から攻撃される可能性があり、
それに備えなければなりませんでした。

そんな中、ひとつのことに集中して周りが見えなくなると、
生命の危機になりかねません。
いかなるときもあらゆる方面に意識を張り巡らせて、
危機を回避する必要があったのです。

すなわち「集中力がないこと」が、
生きるために必要だったとも言えるわけですね。
 
この話を前に聞いて、なるほどー!と思いました。
  

  
とはいえ、、、
だがしかし、、、
  
大昔、狩猟民族だったわれわれ人間が
いくら本能的に「集中」下手だとしても、
現代の社会では、集中力を発揮して
一つの仕事に取り組むことが求められていますよね。
  
今では、いかに集中し、その集中力を持続するかが、
仕事で成果を出すために必要なスキルの一つになっていますよね。
  
*  *  *
  
集中力を上げるために、
いろいろな人がいろいろなモノやコトを勧めていますね。
 
・α波を出すような音楽を聴く
・雑音だけをカットする耳栓をする
・瞑想やヨガをする
・作業スペースをきれいにする
・サプリメントを摂る
・時間管理アプリを使う

、、、などなど。

私は、全部はやったことがないのでわかりませんが、
作業スペースをスッキリきれいにして、その状態を保つというのは、
とても有効だし、基本かなー思います。
(その基本が、なかなかできなかったりもするのですが、汗)

視界になるべく余計なものを入れないのがコツですよね。
机の上にはパソコンだけ、、、みたいな。

オフィスや自宅でなかなかそこまで徹底するのは難しいかもしれませんが、
ここ、コワーキングスペース永福なら、それがいとも簡単に実現します!

何も載っていない、まっさらなテーブルやデスクが
みなさんをお待ちしていますので(笑)
その日の気分で、お好きな席にお座りになり(※)
自由なスタイル、自由な発想でお仕事や作業をなさってくださいね!
 
※ご利用プランにより、お使いいただけるエリアが異なります。


他の利用者さんの姿があるというのも、
適度な緊張感を持続させるためには、いいですね!
  
カフェや図書館のような「適度な人影」
自宅ではなかなか維持しづらい「スッキリした空間」

集中するにはベストな環境です!
「集中のプロ」になれちゃいます!

気になっているけど未体験、、、という方、
ぜひ一度、お試しくださいね!

*  *  * 

そうそう、アプリではないですが、
時間管理ツールで、かつて話題になった砂時計
エシントングラス」ってご存知ですか?

金属製の特殊な砂が落ちるときの音(ホワイトノイズというそう)で
スッと集中モードに入ることができるそうで。
 
計測時間の25分ごとにON(集中)とOFF(息抜き)を繰り返すことで、
ドーパミンの分泌が促され、極限まで集中する
「ハイパーフォーカス」状態を生み出すんだそうです。


この砂時計を一時期とても欲しかったのですが、
結局買ってません。けっこうなお値段がするので、

落としたらどうしよう、、、
それ以前に、うちの暴れん坊ワンコが突撃してきたらどうするのか、、、
などなど、考えてしまうと「今じゃない!ちょっと保留!」でしたw

でも、今また、なんだかうっすら欲しいです。 
「集中のプロ」になれそうでw

使ってたよー!
いま使ってるよ! という方、いらっしゃいましたら、
効果のほどを、ぜひ教えてくださいませ〜♫

(スタッフ 山本)