2024年7月14日
  • 杉並区永福町にあるコワーキングスペース「コワーキングスペース永福」です。

【終了しました】『折りびな』ワークショップ開催します

「本の花束」で紹介された『折りびな』を折ってみませんか

ワークショップで作る折りびな

生活クラブの本のカタログ「本の花束」1月号で紹介された『折りびな』(福音館書店発行)の本を皆で見ながら、実際に折りびなを折ってみましょう。

何枚もの折り紙を重ねてつくる折りびなは、とても美しいものです。少し難しそうに見えますが、手順をひとつひとつていねいに追いながら折れば必ず完成させることができます。当日は、すでに作ってみたことがあるスタッフがお手伝いしますので、ちょっと自信がないかも……という方もどうぞ安心してご参加ください。

「本は購入したけれど手つかずのままで」という方も、この機会にぜひ一緒に折ってみませんか。

ワークショップ詳細

『折りびな』の本を皆で見ながら「男びな」「女びな」の一対を折っていきます。完成した折りびなはお持ち帰りいただけます。

様々な柄の千代紙

本はこちらで用意いたします。また、折りびなの衣装はお好きな柄を選んでいただけます

※折り図の配布はございません。また、本に掲載の折り図をコピーしたり写真に撮ったりすることは固く禁止いたします。

●開催日時:2023年2月25日(土)13:00~15:30

●場所:コワーキングスペース永福 レンタルルーム

●定員:先着6名様まで。中学生以上の方を対象とします。

●参加費:300円(材料費含む・ワンドリンク付き)

●持ち物:特になし ※『折りびな』の本をお持ちの方はぜひご持参ください。

折り紙・作業に必要な用具はこちらで用意いたします。

用具は数に限りがありますので、先のよく切れるはさみをお持ちの方はご持参いただけると作業がスムーズです。

QRコードからもお申込みいただけます。

その他ワークショップについてご不明な点等ありましたら、下記へお問い合わせください。

☎:03-6265-8675

✉:info@coworking-eifuku.com

『折りびな』の本について

今回のワークショップでは、『折りびな』の本に掲載の折り図のみを配布するということはいたしません。著作権上許されていないということももちろんありますが、この本のなりたちを振り返ると、そのような形をとるのは望ましいこととは思われないからです

『折りびな』の本が最初に出版されたのは1969年、今から50年以上も前のことです。著者の田中サタさんは、ご自分がある先生から伝えられた折りびなの折り方を図にするという大変な作業を成し遂げられました。ご家族の協力もあって完成したこの本とともに、田中さんは出版元の福音館書店が主催する講習会の講師としてご活躍されたそうです。

その後残念ながら1982年に一旦は絶版となった『折りびな』ですが、田中さんの自費出版というかたちで引き継がれていきました。田中さんは2003年に97歳で亡くなられ、ご一緒に活動してこられたご家族も先行きを案じられていた頃、2012年に改めて新版の『折りびな』の本が発行されることになりました。

今でも私たちがこの本を手にすることができるのは、田中さんが「もっと皆にも自分で作って楽しんでほしい」という思いで、自費出版ででも本を受け継いでいってくださったからです。

こういった経緯も本に詳しく書かれておりますので、折り図をお手元に置きたいという方は、ぜひ本を入手していただければと思います。本には今回のワークショップで折る男びな・女びなの他、三人官女と五人囃子の折り方も載っていますので、よりいっそう折りびなの世界を楽しむことができます。